はじめての「肌が弱くなってきたら使いたい無添加化粧品」

完全無添加化粧品

  • HOME »
  • 完全無添加化粧品

無添加化粧品の世界

perfect

香料が入っていないだけで無添加とするものもあれば、着色料や防腐剤などが入っていない〇フリーというものもあります。少し化粧品の成分を勉強しないと分からない世界です。

無添加化粧品には「定義」がありませんから、このような状況が生み出されています。

しかし言い換えれば、各個人の中で定義を作ることができます。そこで、完全無添加化粧品の定義について、実際に使用している人に伺いました。

完全無添加化粧品の定義とは?

「防腐剤、香料、合成色素、界面活性剤、紫外線吸収剤を使っていない化粧品のことです。これらが入っているとはだのために付ける化粧品が逆に悪影響を与えてしまう事をしりました。本末転倒だなと思い評判の良い化粧品より無添加化粧品を選ぶようにしています。」

「パラペン、防腐剤、香料、界面活性剤などの成分が含まれていない化粧品のことです。なぜなら、パラペンや防腐剤は肌に負担をかけてしまうからです。人型ナノセラミドなどは含まれている方が良いです。なぜなら人型ナノセラミドは、肌の保湿に効果があるからです。」

「防腐剤、香料、合成色素、界面活性剤、紫外線吸収剤を使っていない化粧品のことです。これらが入っているとはだのために付ける化粧品が逆に悪影響を与えてしまう事をしりました。本末転倒だなと思い評判の良い化粧品より無添加化粧品を選ぶようにしています。」

「不安となる添加剤を入れずに、自然由来の成分・生命の源(植物などの種とか)となる原材料を使ってできている化粧品のことです。その理由は、野菜なども農薬などを使わないで作った方がおいしく身体に良いので、化粧品も身体に使うものですから自然のもので作った方が安心だと思うからです。」

このように、人によって無添加化粧品の定義は違います。ぜひ、あなたなりの無添加化粧品の定義を持てるようにしていきましょう。

PAGETOP